婚活パーティーの断り方!注意点や具体例

婚活する人が良く利用するのが婚活パーティー。与えられた時間の中でのパーティーでカップル誕生が出来るのかどうか…というドキドキするものです。

勿論、時間が限られているのでじーっとしていたり、誰にでも話しているとあっという間に時間が過ぎて終わってしまいます。

最初は、その状況になれずに何もなく終わってしまった…なんて思いをした人もいるのではないでしょうか?もし、カップルとして誕生してしまってもそのあとやっぱりお断りしたいと思うこともありますよね。そんなときに、相手のことを配慮しながらお断りできる女性であるために次のようなことに注意していきましょう。

必ず付き合い続けなければならないというわけではない

婚活パーティーでカップルになったとしても、そのあとは本人たちの自由です。限られた時間の中でしか会話もしておらず、そのときは好印象でもその後、連絡をとったり2回目のデートをしていくと、「あれ?なんか違うかも…」と思うこともあるでしょう。
そうおもったときはなるべく早めにお断りするべきです。相手を傷つけまいとずるずる時間が過ぎるのを待っている方が失礼です。

婚活パーティー後の断り方

婚活パーティー後、連絡を交換していくわけですが、やはり自分がその気にならないな…思った人ではなかったな…と思ったらしっかりと理由をつけてお断りしましょう。婚活パーティーに限らず、理由のない別れ方こそ失礼で自分勝手なものはありません。

断り方としては、相手の悪いことは言わず自分が付き合うことが出来ない状況になったということを話すことがポイントです。それでも、男性が食い下がってくる場合もあるかもしれません。頻回に連絡してきたり、会うことを望むかもしれません。しかし、会って話すよりも今のご時世、ラインやメールを使用した方が安全だと思います。

あなたが、誠実に相手に本当の気持ちを伝えたらほとんどの人は理解してくれるはずなので、しっかりと誠意をもって伝えるようにしましょう。

婚活パーティーで出会った人への断り方(具体例)

「断るのは早い段階で」「相手を傷つけないように」というのは、理解できたけれど具体的にどんな風に伝えたらいいのかわからない!という方もいるでしょう。
そんな方は以下の例文を参考にしてみると良いでしょう。

例)
〇この間は、ありがとうございました。あれから少し考えたのですが、私と〇〇さんとの価値観にズレを感じることがあり、○○さんにはもっと素敵な方がいるのではないかと感じました。これからも応援していますので、素敵な人と巡り合ってください。

いかがでしたか?お断りをするというのはどういったら傷つけないかとすごく考えてしまいますよね。結婚相談所に登録しておくと、そんなときも、どのようにお断りしたらいいのかアドバイスをくれるので安心ですよ!

コメントは受け付けていません。